蕎麦前なくして蕎麦屋なし

まず、簡単な肴で酒を1本、「出し巻き」でもう1本、締めに蕎麦を啜り、長居しないでさっと帰るのが庶民の楽しみ方。
蕎麦の風味を楽しむ為に心がけたいのは、この時点で「ほろ酔い」なこと。
気分よく蕎麦を啜り、最後は、残ったつゆを蕎麦湯で割って楽しむ。
昼から呑んでいる満足感に浸っていただきたい。

休日の昼酒は蕎麦屋に限る。
粋な大人は、「蕎麦前」を楽しむもの。なんとなく気分がいいから、少しの贅沢を。
たまに一人で酒を飲みたくなるときもある。
昔から「蕎麦前」という言葉があり蕎麦が出てくる前に酒を楽しむ時間を日本人は大切にしてきました。
蕎麦屋は江戸時代、職人達が酒を飲みに行く憩いの場でした。

蕎麦屋酒は、日が少し傾いた、まだ明るい時間に、ふらりと自然に立ち寄るのが心地よい。そのスタイルは酒をより一層美味しくしてくれます。
お一人様が自然なのも蕎麦屋酒の特徴で一人でじっくり飲む時間をすんなりと実現できる場所。
そして、明るいうちに颯爽と店を出る。
そんな「粋」も贅沢ではないでしょうか。
「那央人」で楽しむ〝蕎麦前〟を。

料理

※価格は全て税込み表記です。

日替わりランチ

日替わり

日替わりランチもご用意しております。
土日は平日よりも少し上質に、特選ランチを。
海鮮天ざるをご用意しております。

料理

丼とざる。

かき揚げ天丼と二八ざる

1,480

那央人では、お得な「ミニ丼とざるセット」をご用意しております。
蕎麦屋の醍醐味を存分に楽しめるよう、丼とざるを。
ざるそばは、かけそばに変更可能です。

お品書き

那央人で愉しむ夜蕎麦